<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用


<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:15-10-20


あたしがまだ小さかった頃、
誕生日に父親が柴犬の子犬を買ってくれました。

フワフワのその子犬をあたしはとても可愛がっていましたが、
ある日、リードを噛み切っていなくなってしまいました。

あたしは日々「帰ってきて」と祈りながら、
子犬の寝ていたダンボールの箱を見ていました。

しばらくして父親が
「もう帰ってこないだろう。片付けるぞ」と言いました。
あたしはもう少し待ってくれるように頼みました。

そして子犬がいなくなってひと月ほどたったある日、
あたしが幼稚園から帰ると、ダンボールの中に子犬がいました。

片目の周りに赤いマジックでいたずら書きをされ、
足に怪我をして帰ってきたのです。
あたしは泣きました。

うれしかったことと、
いったい誰がこんな酷いことをしたのかと思う悔しさとで、
少し大きくなった子犬を抱きしめて泣きました。

それから少しして、
子犬はだんだんライスを食べなくなりました。

父親は「変だ」と言い、医者に連れて行き見てもらいましたが、
医者に「もう助からないよ」と言われました。
あたしは泣きながら子犬を抱きかかえ、家に帰ってきました。

次の日のあさ、子犬は動かなくなっていました。
あたしは冷たくなった子犬を抱いて泣きつづけました。

父親はダンボールに子犬の好きだった物を入れ、
その中に子犬を寝かし、蓋をしました。

その日は幼稚園を休み、
父親と二人でダンボールを持って海に行きました。

茅ヶ崎の海は、鎌倉の海と違って波が荒々しくて、
あたしはあまり好きではありません。

でも父親は「ここでないと子犬は帰れないよ」と言い、
海に子犬の寝ているダンボールを流しました。

あたしと父親は、
子犬が波にゆられていくのをずっと見ていました。